ジェノプラン遺伝子検査 総合遺伝子検査

32,780円(税込)

唾液で簡単分析。がんやその他疾患のリスク、体質など幅広く遺伝子解析を行います。どんな世代の方にでも満足いただけるものとなります。分析項目は世界最多の500項目。

購入する

Continue reading “ジェノプラン遺伝子検査 総合遺伝子検査”

ダイエット&ボディメイク 遺伝子検査

16,500円(税込)

あなたの 糖 脂質 タンパク質 の代謝リスクを解明します。体質に合わせたぴったりの食事やトレーニングを詳しく提案。遺伝子レベルの苦手を知れば効率よく理想の体型に。

購入する

Continue reading “ダイエット&ボディメイク 遺伝子検査”

アスリート&スポーツ 遺伝子検査

14,300円(税込)

速筋、遅筋の優位性が判明!向いているスポーツ、最適なトレーニング法が分かります。プロアスリートから小学生までスポーツに励むすべての方が対象。一流を目指すあなたに。

購入する

Continue reading “アスリート&スポーツ 遺伝子検査”

【10月31日】オンラインヨガ教室開催

10月31日20時からオンラインヨガ教室開催!

いつもカウンセリングナースのホームページを見てくださってありがとうございます!ととのうサロンで開催するヨガ教室の日程のお知らせです。

今週は10月31日20時から21時までを予定しております。
夜なかなか眠れない方、体が疲れている方、ストレスや不安が溜まっていると感じる方はぜひご参加ください!
前後でお話をする時間を作りながら和気藹々と行っています♪
体が固くてみられたくないという方は画面をオフにして参加していただいても大丈夫です。


ご参加はこちらから↓(10分前から参加可能です。)


オンラインヨガに参加する

ととのうサロンって?

ととのうサロンは看護師が運営するオンラインサロンです。

「心と体をととのえる」ことを目指しており、体が喜ぶ栄養の取り方を学んだり、ヨガ教室でリフレッシュしたりなど、日々のストレスで疲れている方や人間関係や仕事などで悩みや不安を抱えている方の安心できる居場所になればと思っております。

一人で頑張りすぎるあなたを支えたい。疲れた時はカウンセリングナースのいるアットホームなととのうサロンに帰ってきてくださいね。

今なら入会後2週間無料なのでこの機会にぜひお試し入会してみてください♪


ととのうサロンを見てみる

美腸Indole革命 腸内環境検査(尿タイプ)

8,580円(税込)

尿検査でわかる腸内環境。善玉菌、悪玉菌などを解析するのではなく腐敗物質の量を解析。自分の腸内環境を悪くする腐敗物質が明確になるので食事の改善を最適化できます。

購入する(尿タイプ)

Continue reading “美腸Indole革命 腸内環境検査(尿タイプ)”

ニキビや肌荒れはビタミンB2不足が原因かも。

こんにちは。ウェルビーイングナースのゆかです。

太っちゃうときってニキビや吹き出物もできやすい。そんなことありませんか?

ニキビにはいろいろな原因がありますが、実はビタミンB2が不足してできることもあるんです。

またビタミンB2が不足することでニキビだけでなく脂漏性皮膚炎や加齢臭の原因となることもあります。

そしてダイエット(減量)にもビタミンB2は関わってきますので、ニキビやダイエットコントロールがうまくいかずに悩んでいるかたはぜひ参考にしてみてください。

ビタミンB2とは?

ビタミンB2は脂質の代謝に関わる

ビタミンB2は糖質、脂質、タンパク質すべての代謝に関わりますが、特に脂質の代謝に深くかかわります。

脂っこい高脂質な食べ物をよく食べる人はビタミンB2をたくさん消費します。ある実験では、高脂肪食を食べた人は低脂肪食を食べた人より、血中のビタミンB2濃度が低かったというデータが出ています。

つまり脂肪の多い食事を摂取するとビタミンB2をたくさん消費するということですね。

ビタミンB2が不足すると太りやすくなる

ビタミンB2は脂質をエネルギーに変える(代謝する)役割があります。なので、ビタミンB2が不足すると、脂質を代謝しきれず脂肪として蓄積しやすくなります。

ダイエット(減量)のために食事を制限しているのになかなか痩せないという人はビタミンB2が不足しているのかもしれません。

ビタミンB2不足は肌のトラブルの原因になる

ビタミンB2が不足すると、脂質をうまく代謝することができないためニキビができやすくなったり、頭皮や眉毛鼻の脇、耳の中、わきの下や胸など皮脂がでやすいところにできる脂漏性皮膚炎という病気の原因になることもあります。

このような症状で悩んでいる方は、皮膚科での診察に加えて一度食事の見直しをしてみると良いかもしれません。

ビタミンB2は過酸化脂質を除去する

脂質が活性酸素などによって酸化されると、過酸化脂質という物質になります。この過酸化脂質が多くなると、動脈硬化やがんになりやすいといわれています。

また加齢臭は脂質の酸化が原因といわれています。

ビタミンB2はグルタチオンと協同して、この憎い過酸化脂質を減らしてくれる役割があります。

ビタミンB2の摂取基準と摂り方

ビタミンB2摂取基準

厚生労働省のビタミンB2摂取推奨量は1.1㎎/日とされています。ただし年齢や性別によって推奨量はかわります。

またこれは過剰なビタミンB2の尿中への排出量が著しく増える値をもとに計算されています。身体に必要な量より多く摂取すると、余分なビタミンB2が体外に排出されることを利用した算出方法です。

このことからも分かるように、ビタミンB2を仮に大量にとったとしても、尿中に排出されてしまうため意味はありません。またたくさんとったからといって健康になるということもないようです。

ビタミンB2を多く含む食品

ビタミンB2を多く含む食品は、レバーや鰻、鶏卵、納豆などです。

レバーは好みが分かれやすい食材かもしれませんが、栄養豊富な食材なのでたまには食卓にとりいれたいですね。

参考文献

厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000067134.pdf

ビタ ミンB2と 脂質代謝 に関す る実験的研究https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsma1939/31/5/31_5_250/_pdf/-char/ja

Atlas腸内フローラ 腸内環境検査(便タイプ)

31,900円(税込)

腸内の細菌は種類も量も人によって異なり美容や健康に大きく影響しています。自分の腸内環境を知って食生活や生活習慣の改善を行なえば、目に見えて腸の状態がわかり腸活がスムーズに。

購入する(便タイプ)

Continue reading “Atlas腸内フローラ 腸内環境検査(便タイプ)”

スキンケア検査 肌質遺伝子検査

22000円(税込)

自分に合わないお肌ケア アンチエイジングはもうやめよう。シミ、シワ、くすみ、ハリ、日焼けなどにお悩みの方に最適!色々試しても無理だった理由が解明!自分だけのスキンケア方法が明らかに。

購入する

Continue reading “スキンケア検査 肌質遺伝子検査”

【10月23日】オンラインヨガ教室開催

10月23日20時からオンラインヨガ教室開催!

いつもカウンセリングナースのホームページを見てくださってありがとうございます!ととのうサロンで開催するヨガ教室の日程のお知らせです。

今週は10月23日20時から21時までを予定しております。
夜なかなか眠れない方、体が疲れている方、ストレスや不安が溜まっていると感じる方はぜひご参加ください!
前後でお話をする時間を作りながら和気藹々と行っています♪
体が固くてみられたくないという方は画面をオフにして参加していただいても大丈夫です。


ご参加はこちらから↓(10分前から参加可能です。)


オンラインヨガに参加する

ととのうサロンって?

ととのうサロンは看護師が運営するオンラインサロンです。

「心と体をととのえる」ことを目指しており、会員様同士で楽しく交流したり、ヨガ教室でリフレッシュしたりなど、日々のストレスで疲れている方や人間関係や仕事などで悩みや不安を抱えている方の安心できる居場所になればと思っております。

一人で頑張りすぎるあなたを支えたい。疲れた時はカウンセリングナースのいるアットホームなととのうサロンに帰ってきてくださいね。

今なら入会後2週間無料なのでこの機会にぜひお試し入会してみてください♪


ととのうサロンを見てみる

脳の仕組みを理解して感情コントロール!自分でできるストレス対処法

ちょっとしたことでイライラしたり、逆に不安や寂しさで落ち込んでしまったり、なんてことはありませんか?

このようなちょっとしたストレスでも正しく対処しないと、積み重ねで知らないうちに大きな負担になっていたり、うつ病などのメンタルヘルスに大きな影響を及ぼします。

今回は心を健康に保つ上でとても大切な脳のお話をしたいと思います!

まずは自分の脳について知る

大脳辺縁系

怒り、不安、恐怖など人の情動には多くの脳の部位が関わっています。その中で情動反応は大脳辺縁系とよばれるネットワークと結びついており、考えや物、人、出来事からあなたが世界をどう感じるかを決めます。

朝ごはんは何にしよう?どこで食べよう?など一瞬一瞬の判断には価値判断に基づいた細かい選択が必要となります。

こうした価値判断を下すことが大脳辺縁系の機能の一つです。価値に基づき私たちは快・不快を感じとり、不快だと感じた時にストレスを感じ、その刺激は自律神経や内分泌にも影響を与えます。

前頭前皮質

意思決定や問題解決は脳の前頭前皮質という領域に大きく依存しています。

前頭前皮質がないと私たちは「テレビをみよう」「買い物に行こう」といったような目標を叶えたり、「何時に家を出て」「どこに買いに行って」と言ったような計画を立てることも難しくなります。

大きくいうと人間性やコミュニケーション能力と言われているものが前頭前皮質の機能を表しています。

脳は危険な出来事に最も早く強く反応する

私たちの脳は常に危険から逃れようとし、そして常に報酬を得ようとします。

危険というのは車にひかれそうになったり、空腹であったり、誰かが怒っている表情を見せるなども含まれます。

報酬とは生存に有益なもの、つまり食べ物やお金、性行為などを指します。

多くの情報の中から何に、どのように注意を多く向けるかを伝えるのが先ほど出てきた大脳辺縁系の仕事です。その中でも「危険」に関する反応は急速に生じて長く持続し抑えることが難しいのです。

脳の過度な興奮による影響

危険や報酬を察知し、大脳辺縁系の興奮を引き起こす引き金となるのは過去の体験や経験、それに伴う感情の「記憶」です。

現実の危険や想像上の危険などの記憶により大脳辺縁系が過度に興奮すると様々な脳機能の低下を起こします。

前頭前皮質機能に使えるリソースの低下

理解や想起、判断、記憶、抑制など前頭前皮質機能全ての機能の低下が起こります。普段は取るに足らない作業も必要以上に時間がかかってしまったり、大事なことを忘れてしまったりするのです。

起きた状況への反応がネガティブになる

危険だと認識した脳は興奮状態となり、さらなる危険を警戒します。ネガティブな時に起こった出来事はいつも以上に悪い方向に考えてしまうことなどはそう言ったメカニズムからなります。

慢性的ストレスホルモンの値が高まる

長期にわたって過度な興奮状態にあると、血中のコルチゾールやアドレナリンといったストレスホルモンの値が慢性的に高くなります。この状態は「記憶」に形成に重要な役割の脳の部位の成長を止める恐れもあります。

感情コントロールするための具体的な方法

これらのメカニズムを理解した上で怒り、不安、恐怖などの情動反応が起こった時の対処法をご紹介します。

情動興奮を抑える効果があるのは言葉にすること

先ほど大脳辺縁系が興奮すると前頭前皮質に使えるリソースが減少するとありましたが、これは逆にも言えることです。前頭前皮質を活性化させることで大脳辺縁系の興奮を和らげることが出来ます。

方法としては情動を言葉で言い表すことです。

「プレッシャー」を感じている。「寂しい」と思っている。など今の自分の状態を言葉で表現しようとすることで前頭前皮質が活性化されるのです。言葉はできるだけ短くてシンプルなものがいいです。

ストレスをコントロールできると自覚する

脳は自分でコントロールできないと思ったことに対してストレスを感じます。人間関係などでストレスを感じやすいのはまさにこの理由からです。

他人を自分の思い通りにコントロールすることはできないため回避方法がわからず過度のストレスになりやすいのです。

しかしそのストレスを回避可能であると自分が感じることができればその影響は大幅に軽減されます。

これは事実がどうであるかではなく、自分が感じるかどうかが重要であり、そのコントロールできているという感覚が錯覚であったとしても認知機能が保たれるのです。

ストレスをコントロールするためには

1情動反応に点数をつける

感じた情動を言葉にし、それぞれに点数をつけます。情動を評価できる状態にすることで、無理に感情を押さえつけるようなストレスはなく、客観的に自分を評価することができ、情動反応を和らげる効果があります。

2問題を整理し、優先順位を決める。

まずは情動反応が起こった際に自分が問題だと感じている出来事や重要としている考え方を整理します。

その中から対立する価値観を見つめ直し、少しずつ目指す状態のために変えていくことを探して行きます。

3別の人物の視点に立ち評価する

人の考え方は非常に固定化しやすく、知らず知らずのうちに自分だけの狭い視野で物事を判断してしまいます。

改めて別の人物の立ち位置になり問題を見直すことで違う視点で評価することが出来ます。

コントロールして幸福度の高い生活を

私たちの情動反応は結局は自分の評価で生じており、評価を変えれば情動反応は変わります。

そしてこのようにコントロールできる人の方が、感情を無理に抑制する方より明らかに幸福度が高いという実験結果もあります。

このようにコントロールするための方法はストレスの負荷が大きい状態で自分一人で行うには難しい場合もあります。その際は専門家の力を借りて自分の価値を知り、評価を変え、少しずつ情動をコントロールできる状態を作り出してみてはいかがでしょうか。

参考)デイビッド・ロック「最高の脳で働く方」Discover,2019年.

PAGE TOP