「悩みに振り回されない自分」を見つける方法

2022.07.11

ナースのつぶやき

頑張りすぎるあなたへ届けるヨガ哲学

今、考えごとや悩みがつきず、疲れているあなたにぜひ読んでほしい。

どうしたら生きやすくなるのか。

ずっと探し求めているなら、その答えはすでに自分が知っているということを。

「考えや感情は動き続けるもの それは空に浮かぶ雲 雲は風に流される

雲は形を変え 雨を降らし 陽の光を届けるように 色も変えるが 

空自体は変わらず存在する その姿を見たことはあるだろうか

どんな考えの後ろにも あなたは変わらず存在する その姿を見ることができれば

雲の模様を面白く眺めることができる」 -ヨガスートラ第1章より一部抜粋

あなたの悩みはなんでしょうか。

人間関係、金銭、残業、生き方、あるいは毎日の食事レシピを考えること…

様々あると思います。

では悩みを生み出しているものは何だと思いますか?

悩みのきっかけはいつも外からやってきます。あなたに向かって風が吹くように。

そのきっかけに対して、あなたはどうしたら前に向かって歩けるか考えますね。

その考えこそが、悩みを生み出しています。

外からのきっかけ(刺激)に対処しながら生きている私たちにとって、

悩みを生み出すもの=きっかけと混同しがち。悩みを生み出すもの=考えなのです。

そしてさらに厄介なのは、考え=自分のアイデンティティであると思い込んでしまうこと。

そうすると何が起きると思いますか?

悩みを生み出すもの=考え=自分のアイデンティティ という方式

悩みに振り回される「自分」の出来上がりです。

考えというのは、職場、家庭、友人…あらゆる関係性や場面の中で常にやりとりされるものなので、生活に大きな影響を与えるものですよね。

考え=自分のアイデンティティ そのままでいると、自分も振り回され、当然周囲も振り回されることになるのです。

考え≠自分なワケ

ところが、考えというのはあなた自身ではありません。

冒頭の言葉を思い出してみてください。

“考えや感情は動き続けるもの それは空に浮かぶ雲 雲は風に流される

雲は形を変え 雨を降らし 陽の光を届けるように 色も変える…”

風という刺激を受けるその都度、リアクションとして生まれる考えや感情は、常に変化します。生きるために、形を変えるのです。

そして雲は空の場所を変えたりしますか?雲に引っ張られて、空がどこかへ行ってしまうことはまだ観測されていませんね。(笑)くだらない冗談です(笑)

そう、あなたは常に変わらず同じ場所に居ます。

“空自体は変わらず存在する その姿を見たことはあるだろうか

どんな考えの後ろにも あなたは変わらず存在する“

考えに意識が向きすぎて、自分を見失っているだけです。

振り回されるときに問う「あなたは雲か?空か?」

悩みを生み出すもの=考え これに意識が向きすぎているとき、私は雲か?空か?と問うてみてください。

“あなたは変わらず存在する その姿を見ることができれば

雲の模様を面白く眺めることができる“

あなたが考えと自分を区別することができたとき、あなたは確かに自分の視点で

その考えを穏やかに眺めることができます。

次第に落ち着きを取り戻し、悩みは、解決できる課題へと姿を変えていくのです。

まとめ

①悩みのきっかけに対処するために考えや感情は常に変化する

②悩みを生み出す考えと自分は別の存在

③考えに意識が向きすぎると自分を見失う

④自分を見つける方法「自分は雲に引っ張られることのない空である」という意識

⑤自分の視点で、考えを穏やかに眺めると悩みの「解決策」が見えてくる

ヨガというものがあなたの人生を照らしてくれるものでありますように

読んでくださってありがとうございます。

RECOMMENDこちらの記事も人気!

PAGE TOP