生活習慣を改善したい〜偏った食事と健康への影響〜

皆さんこんにちは!ウェルビーイングナースのゆかです。

今日は食生活の乱れによる健康への影響について、私の体験談をまじえてお話したいと思います。

以前のブログ記事でもお話しましたが、私は看護師になってから忙しさにかまけてひどく偏った食生活をしていました。食事は朝から晩までほとんど糖質ばかり。食物繊維もビタミンもタンパク質も、糖質以外の栄養素はほぼ全て不足状態にあったと思います。

そんなひどい食生活によって、もともと持っていたアトピー性皮膚炎が悪化。腸活によりある程度改善しましたが完全には皮膚の痒みを抑えることはできませんでした。

腸活のために食生活はある程度改善されたものの、もしかしたらまだ何か足りていないものがあるのかもしれないと考えるようになりました。

栄養の偏りを見つける

自分に足りていない栄養素を知る

ずいぶんと試行錯誤をして、あれが足りていないのか?これが足りていないのか?といろんな食材やサプリメントを試しました。

しかしなかなか見つからない。前よりましにはなっていてもやはり痒みを完全に無くすことはできない。これは食事では解決しないものなのかな?と思い始めた頃、たまたまビタミンDがアレルギーと関係があるということを知りました。

ビタミンDは骨をつくるだけではない

ビタミンDが骨を丈夫にするということは皆さん聞いたことがあると思います。ビタミンDは、腸管でのカルシウムの吸収を助ける作用があり骨の健康に欠かせません。

しかしビタミンDの作用は骨を丈夫にすることだけではないことが最近わかってきました。

実はビタミンDには免疫細胞のT細胞と関連があるといわれています。このT細胞、免疫システムのなかで重要な役割を担っているのですが、ときおり暴走していまうことがあるのです。ビタミンDにはこの暴走を抑制する働きがあるそうです。

ビタミンDがなぜ不足していたか

ビタミンDは日光を浴びることで体内で生成することができます。しかし私は美白を追い求めて、とにかく焼けたくないという一心で日焼け止めや日傘を欠かさずに使用していました。それはもう、鬼滅の鬼のように日の光を避ける生活をしておりました。

また不規則勤務のため、余計に日光を浴びにくい生活。そのため、日光による体内でのビタミンD合成はほぼ望まない状態でした。

しかしビタミンDは食事からも摂取することができます。ビタミンDを多く含む食品としてはサーモンやキノコ類があります。

日光を浴びることができなくとも、食事でしっかり摂取できていれば問題なかったのですが、私の偏った食事内容では、全くと言っていいほどビタミンDを摂取できていませんでした。

ビタミンDをどうやって摂取するか

まず日光を浴びようということになりますが、私の場合は仕事上、不規則勤務はすぐに変えることはできません。また日光をあびることはやはり美容の観点から避けたいという気持ちもありました。

そこで、ビタミンDは食事による摂取を心がけることと、それでも足りない分は、サプリメントで摂ることにしました。

ビタミンDは脂溶性ビタミンなので、摂りすぎると体内に蓄積する傾向にあるビタミンです。夜勤の日など日光にほとんど浴びない日やビタミンDを多く含む食事を摂らない日のみサプリメントを飲むようにしました。

日光には当たりたくないし、なかなか食事で摂取するのは難しいというかたは、私のようにサプリメントで摂取する方法もありますが、一日の上限量をオーバーしないように注意してください。

基本的には日光もしくは食事から摂取することをオススメします。

ビタミンDをとるようになって

ビタミンDの不足を補う生活をするようになってから、身体の痒みを感じることが少なくなりました。時々痒みを感じることはありますが、以前のように全身をかきむしることはなくなりました。

この痒みの減少が、100%ビタミンDの効果かであるとは言いきれませんが、自分の体感としては効果があったように思います。

バランスの良い食事が基本

今回は私の不足栄養素であったビタミンDを例としてあげましたが、自分の不足している栄養素をみつけて、それを補うことは身体の不調を改善するのに役立つことも多いです。

身体は食べたものでできていますから、何らかの不調を抱えている方は、もしかすると何か栄養素が足りていない、もしくは過剰になっているという可能性もあります。

一度ご自分の生活・食習慣を見直して、栄養素の過不足がないかチェックしてみてはいかがでしょうか?

【10月10日】オンラインヨガ教室開催

ヨガ教室のお知らせ

10月10日20時からオンラインヨガ教室開催!

いつもカウンセリングナースのホームページを見てくださってありがとうございます!ととのうサロンで開催するヨガ教室の日程のお知らせです。

今週は10月10日20時から21時までを予定しております。
夜なかなか眠れない方、体が疲れている方、ストレスや不安が溜まっていると感じる方はぜひご参加ください!
前後でお話をする時間を作りながら和気藹々と行っています♪
体が固くてみられたくないという方は画面をオフにして参加していただいても大丈夫です。

ヨガに参加する

オンライン個別相談 カウンセリング45分

4980円(税別)

悩みやストレスがある方はまずはここから。オンラインだから気軽に相談できる。ビデオ通話が苦手な方は音声のみでもOK。一人で抱えていること、看護師に話してみませんか?

個別相談を予約する

日々抱えている悩み、不安、ストレス

日々私たちは、仕事や恋愛、人間関係、健康面など様々な悩みや不安、ストレスと闘っています。

誰かにただ話を聞いてもらいたくても、気を遣ってうまく話すことができなかったり、しっかり話を聞いてくれる人、理解してくれる人が周りにいないという場合もあります。

一人で不安やストレスを抱えることにより、生活習慣病のリスクが高まったり、脳血管系の疾患を発症したり、うつ病などのメンタルヘルスへの影響も社会全体で問題になっています。

初めは我慢できる程度の小さなストレスだったとしても、知らず知らずのうちに自分では気が付かないほど大きくなり、病気になってから気がつく方が多いのが現状です。

自分を大切にする習慣を

ストレスが大きくなる前に心を整える習慣を作ってみませんか?

人に話すことは頭いっぱいになっていたものが軽くなったり、悩んでいたことが整理されたり、メリットがたくさんあります。

ウェルビーイングナースは医療現場で患者さんの命と向き合い、事前に予防することの大切さを心から実感している看護師ばかりです。

心に寄り添い、一人一人の価値観を尊重しながらお話することを大切にしています。

カウンセリングを申し込む

カウンセリングって?

パソコンまたはスマートフォンを使ってオンラインでお話しします。オンラインだから移動の必要もなく、自宅や職場など場所を選びません。

カウンセリングの流れ

①予約ボタンを押し、お客様情報とお支払い方法を入力してください。

②「カウンセリング(45分)」の購入が完了したらご希望の看護師を選択し、予約可能な時間からご希望の日時を選択してください。

③当日になりましたらご予約画面より開始していただくか、お知らせメールよりアクセスしていただきカウンセリングを開始します。

カウンセリングを予約する

【新機能追加】ととのうサロンで掲示板が使えるようになりました

ととのうサロンに新機能追加のお知らせ

ととのうサロンに掲示板が追加されました!

カウンセリングナースのオンラインサロン「ととのうサロン」に掲示板が追加されました。ここではカウンセリングナースのメンバーや会員同士での交流ができます。

初めての方は自己紹介スレからご覧ください♪

「ととのうサロン」ならではの、心と体の健康を目指した毎月の投稿テーマもあります。自分の投稿でみんなに想いを伝えたり、みんなの投稿を見て「自分も頑張ろう」と思えたり、改めて交流の場があるといいな、と実感しました。

wellbeing」を目指して集まった仲間たち。抱えている悩みや問題は人それぞれ違うけど、目指すのが同じ方向だからみんなとのつながりを感じられる。

家族や仕事仲間とはちょっと違う、みなさんの居場所になれば嬉しいです。

掲示板を見て

ととのうサロンって?

ととのうサロンは看護師が運営するオンラインサロンです。

「心と体をととのえる」ことを目指しており、体が喜ぶ栄養の取り方を学んだり、ヨガ教室でリフレッシュしたりなど、日々のストレスで疲れている方や人間関係や仕事などで悩みや不安を抱えている方の安心できる居場所になればと思っております。

一人で頑張りすぎるあなたを支えたい。疲れた時はカウンセリングナースのいるアットホームなととのうサロンに帰ってきてくださいね。

今なら入会後2週間無料なのでこの機会にぜひお試し入会してみてください♪
ととのうサロンを見てみる

コーチングとは?意味や基本的なスキルを解説

コーチングとは

スポーツや仕事、健康、人間関係などの問題解決や目標達成をサポートする際、有効であると言われているのがコーチング技術。聞いたことはあるけど、実際どういった技術なのか知らない方も多いのではないでしょうか。今回はカウンセリングナースのサービスの特徴であるコーチング技術について詳しく説明していきたいと思います!

コーチングの語源とは

コーチングの語源はcoach「馬車」であり15世紀ごろから使われています。

ハンガリー北部のkocsという街が当時四輪馬車を世界で初めて製造した街として知られており、kocsが馬車を意味するようになりました。それが英語になったものがcoachだと言われています。

大切な人をその人が望むところまで送り届ける、それがコーチングの本来の意味だと言われています。

コーチングとティーチングの違い

目標達成をサポートする技術として、似たものがティーチングです。ティーチングとは指示、命令型の教育であり、教える側が主体となり情報やスキルを伝達します。学校の先生などがそれにあたります。

ティーチングはプロセスが明確で短時間で大勢の人に提供できる反面、やり取りが一方通行になりやすく個別性が反映されなかったり、実際行動に繋がりにくいというデメリットがあります。

一方コーチングはクライアント自信が持つ才能や価値観を重視し、やりたいことや考えていることを引き出す作業を行います。デメリットとしてはクライアント自身の知識が不足している場合答えが出るまで時間がかかることがあります。また、一対一で行うためクライアントの数は限られてしまいます。

答えや手法が単純なものにはティーチングが適しており、自由度の高いものや、実際に行動変容につなげるにはコーチングが適していると言われています。

コーチングとカウンセリングの違い

それでは、カウンセリングとコーチングの違いはなんなのでしょうか。

カウンセリングとは問題を解決することが主な目的です。悩みや不安を聞くことにより負担を軽くしたり、継続的にサポートすることで問題解決能力自体を高める効果があります。

一方コーチングは問題を解決するという点ではカウンセリングと共通していますが、明確に目標を設定し、ゴールへ向かうためのアプローチを行います。

今の辛さを軽減したい、という場合は、カウンセリングが適していますが今の状況を改善して変わりたい、さらに上を目指したいという場合はコーチングが適しています。

コーチングに必要な技術

それではコーチング技術とは具体的にどう言ったものなのか簡単にご紹介します!

傾聴スキル

コーチングではクライアントとの信頼関係が非常に重要になってきます。実際にクライアントを理解したいと思っていたとしても、聴き方が間違っていると「理解してもらえない」という気持ちにさせてしまい、相手の考えや感情を引き出すことはできません。だからこそ、「技術」として聞く力が必要になってくるのです。

話す言葉や声のトーン、表情など全てを観察して相手を理解し、信頼してもらうために学ぶのです。

質問スキル

正しく情報を得てクライアントの問題や目標を具体的にするためにも、適切なタイミングで質問をし、時間軸や関わる人など整理しながら話を聞きます。普段一人では考えないようなことも人に聞かれて初めて意識したこと、経験がある方もいるのではないでしょうか。

また、視野を広げるような聞き方をしたり、気づきが深まるような質問をしたり、クライアントの話す内容や性格に応じて臨機応変に対応していく必要があります。

承認スキル

コーチングにおいて最も大切な要素だと言えるかもしれません。テクニックはもちろん重要なのですが、コーチングする上でクライアントにとって最もいい選択はが「本人が必ず持っている」と信じ、相手の選択を全て尊重することです。どうすれば最善の時間を作ることができるか常に考え続けます。

そして時に、本人が気がついていない才能や魅力について伝えるのも大切です。

コーチングをしたことによって自己肯定感が高まった、前向きな気持ちになれた、などの言葉をいただき、すごくいい笑顔になってくださるとコーチングをする私たちもとても幸せな気持ちになります。

悩みを解決したい時、もっと前向きになりたいとき、目標を達成したいとき、そんなときは是非コーチングを試してみてください。

【激変】腸活ダイエットで美肌に!肌荒れにも効果的な方法とは

ストレスでアトピー爆発

こんにちは。ゆかです。

最近、腸活って流行ってますよね。今回は、わたしが実際に行った腸活とその効果についてお話したいと思います。意外と腸の状態が悪くなって体調に影響している人もいるので、ぜひ最後まで読んでみてください!

仕事で生活が乱れまくりに

わたしは子どものころからアトピーで悩まされてきました。いったん症状が落ち着くときもあったのですが、受験などストレスがかかる時期には悪化し見た目にもひどい状態になっていました。

看護師になって初めのころもやはり慣れない環境やできないことばかりの自分に大きなストレスを感じていました。

看護師になると同時に一人暮らしを始め、最初の頃は自炊をしていましたが、だんだん忙しさにかまけてコンビニでご飯を買うことが多くなりました。そのうち自炊はほとんどゼロ。もともと菓子パンが大好きだったので、昼ごはんは甘い菓子パン3つという日もよくありました。こんなに頑張って働いているんだから、せめて食事は好きなものをたらふく食べたいと自分を甘やかしていました。

また夜勤もある不規則勤務だったので、冬になると一日太陽の光を一度も浴びないなんていうこともざらにありました。

そんな生活を続けて一年ほどたったころ、身体のかゆみが強くなってきたのを感じました。もともとアトピーがあるので、季節性のものかなと思っていたのですが、どうにもかゆみが収まりません。

上瞼はかきむしりすぎて皮膚が赤くなり、すっぴんでもアイシャドウを塗っていると勘違いされるほどになっていました。

仕事中も身体がかゆくて常にどこかかきむしりながら仕事をして、仕事にも集中できない。背中や首などは色素沈着だらけで鏡で自分の身体を見るのが本当に嫌でした。

皮膚科では良くならなかった

もちろん皮膚科で相談し、飲み薬やステロイド塗布剤、保湿剤、いろいろもらって試しました。しかしどれも一時的には皮膚の状態は良くなるものの、痒み自体はおさまらず結局かきむしってまた悪化するというのを繰り返していました。

自分としては、かゆみがかなりストレスになっていたのですが、皮膚科では「こんなの軽症ですよ~。どこがかゆいの」とあまり取り合ってもらえませんでした。

アトピーが悪化しない身体づくり

藁にもすがる思い

皮膚科でどうにもならないなら、自分でこの痒みの解決策を考えなければなりません。

とにかく「この痒みをなんとかしたい」その一心で、アトピーに効くというものは片っ端から試しました。

まずはアレルゲンの特定をしようと、血液検査を受けました。

結果は、カビやハウスダスト、ゴマにアレルギー反応が強くでるということでした。これは部屋の掃除をこまめにするしかありません。自分なりにはダニやカビが発生しないようにかなり気をつけました。

しかし、これだけではアトピーはあまり改善しませんでした。

腸活に目覚める

たまたまテレビで腸活が取り上げられているのを見て、前から興味があったこともあり取り組んでみることに。

まずは乳酸菌のサプリメント。一か月飲み続けましたが、私にはあまり効果はありませんでした。

次にお酢。お酢が腸にいいと聞きつけ試してみましたが、腸がよくなる前に胃が痛くなってしまいました。

そして、今度はグルテンが身体に悪さをすることがあると知人から教えてもらい、グルテンフリーダイエットに取り組むことにしました。血液検査では小麦にはアレルギーは見つからなかったのですが、近年流通している小麦は品種改良されており、そういった小麦のグルテンが腸に悪影響をおよぼすとか、またに日本で出回っているい小麦のほとんどが輸入なので海外から輸送する際に大量の防腐剤が使用されているということもあるそうです。これらが本当かはわかりませんが、とりあえず一度グルテンをカットしてみれば自分に害があるものなのかわかります。

一か月間グルテンフリーを続けてみました。結果としてはまずまず。少しはアトピーの症状がましになったような気がしました。

ですが、もともとパンやケーキなど小麦を使ったお菓子が大好きなもので、やはり長くは続けられません。また転職したこともあって、慣れない環境での忙しさから、またコンビニ生活となっていきました。

パレオダイエット

コンビニ生活が再スタートし、アトピーもまた増悪傾向に。

自炊をしたほうがいいのは分かっていましたが、やはり仕事をしているとなかなか続けられません。またもともと料理はあまり好きでないので、なおさら仕事のあとに料理なんてする気になれませんでした。

インスタグラムを見れば、おいしそうで尚且つ健康に良さそうな料理がたくさん出てきます。こんな料理が作れたらと思う一方で、でも私には仕事もやって自炊も頑張ってという生活は逆にストレスフルに感じました。

そんなときに出会ったのがパレオダイエットです。パレオダイエットとは人類が狩猟生活をしていたころに食べていた食事にするというものです。

パレオダイエットのいいところは、素材をそのまま食べたらいいということ。この言い方には語弊があるかもしれませんが、狩猟生活のころの食事なのでそもそもそんなに手の込んだものはありません。これは料理が苦手な私にもうってつけです。肉や魚は焼いて塩や胡椒、ハーブだけ(塩も制限する人もいるみたいですが私には無理でした)。野菜も味付けは基本的に塩のみ。良い素材の食べ物は味付けが塩だけでも十分おいしいです。むしろ私は料理がうまくないので塩だけだとまず失敗しない。

また穀物は狩猟時代にはまだなかったものなので、炭水化物は基本的に芋や野菜から。サツマイモやジャガイモは大好きなのでそれも自分に合っていました。そう炭水化物はしっかりとってよいのです。最近糖質制限ダイエットが流行っていますが、わたしは糖質を制限すると間違いなく続かないのでその点でもパレオダイエットは長く続けられると思いました。

パレオダイエットを始めて一か月もしないうちに、まずお通じが変わってきました。毎回スッキリでて、トイレも汚れない。私はもともと便秘ではないのですが、下痢になることが多く、看護師になって最初の三年間はほとんど毎日下痢でした。しかもタール便のような感じで、出血しているのではと疑ったことも。排便後もあまりスッキリしない。今から考えるとどんな腸の状態だったのか恐ろしく思います。

腸が良くなると

パレオダイエットを始めて、腸の状態が良くなってくると、次第にアトピーも落ち着いてきました。劇的にいきなり良くなったわけではありませんが、徐々にでも確実に肌の痒みがおさまってきました。見た目にもあんなにひどかった背中の色素沈着も痕が残らずなおりました。

腸の調子が良くなったことで得られたものは、アトピーの改善だけではありません。精神的にもゆらぐことが少なくなりました。PMSもあって、特に理由なく落ち込んだりすることがあったのですが、腸の状態が良くなると精神的な浮き沈みも少なくなりました。これは予想外にうれしい収穫でした。

腸は健康を操っている

腸活によってメンタルが安定したことは、私の場合痒みがおさまったことでストレスが低下したという側面もあるかと思います。ただ最近、腸と脳は密接に関連しているといわれるようになってきています。これまではただの排泄機関であると思われていた腸が実は、身体のあらゆる生体システムに関わっていたのです。

みなさんも、一度ご自分の腸の声に耳をかたむけてみてください。もしかしたら、悲鳴をあげているかもしれません。

私はパレオダイエットが身体に合っていましたが、人によって身体に合うもの合わないものは違うので、自分の身体に何が良いのかいろいろ探ってみてくださいね。

【10月2日】オンラインヨガ教室×誕生日会開催


ととのうサロンヨガ教室のお知らせ

10月2日20時からオンラインヨガ教室開催!誕生日会も?!

いつもカウンセリングナースのホームページを見てくださってありがとうございます!ととのうサロンで開催するヨガ教室の日程のお知らせです。

今週は10月2日20時から21時までを予定しております。
夜なかなか眠れない方、体が疲れている方、ストレスや不安が溜まっていると感じる方はぜひご参加ください!
あまり人にみられたくないという方は画面をオフにして参加していただいても大丈夫です。

2日はなんと会員様の誕生日!ヨガが終わった後に少しお話する時間を作りますのでぜひみんなでお祝いしましょう!!

ご参加はこちらから↓(10分前から参加可能です。)
ヨガ教室に参加する