【日本初】企業向け ウェルビーイングサポート

2021.05.02

バナー, プラン

1社50,000円/月〜1人4,500円

企業向けWell-being経営をオンラインでサポート。経験豊富な看護師が心身の健康を支えます。Well-beingマップにて心の中を見える化。マインドセットが可能となりレジリエンスが向上。

お問い合せフォーム

Well-beingをあなたに

これまで豊かさの一つの基準とされてきたGDP(国内総生産)ですが、ある一定の水準を満たすとGDPと幸福度の相関性はなくなることが明らかになっています。そこで注目されているのがwell-being(ウェルビーイング)です。WHOの健康の定義として「身体的にも精神的にも社会的にも満たされた状態」とありますがこれをWell-beingな状態とされており、日本語では「幸福」などと訳されることが多いです。

なぜ今、Well-beingが必要なのか

Well-beingが経済的な視点だけでなく、健康や人間関係といった広い範囲での幸福を含めて考えられているため、well-beingを目標にすることで離職率の低下や生産性の向上といった効果も期待でき、企業にとっても社員一人一人にとってもメリットがあると言えます。

ウェルビーイングサポートで得られる効果

  • 会社全体のwell-being度向上
  • 健康経営の促進
  • 社員のモチベーションアップ
  • 離職率の低下
  • メンタルヘルス対策
  • 生産性の向上

独自の強み

看護師だからできる!メンタルヘルスから生活習慣病予防ま

社内で管理するのが難しい人間関係や個人の悩みだからこそ外部でサポート。社内ではプライベートなことを相談できないという方も、社外の専門家という立場には安心して相談していただけます。看護師または保健師資格を所有しているスタッフばかりのため、生活習慣病予防など身体的な健康面のサポートも致します。オンラインでのサービスのためテレワーク中のスタッフへの対応も可能です。

企業風土改善への心理的アプローチ

心理療法をベースにコーチングの手法を活用して行います。一人一人の価値観を尊重しながら個人の課題に個別にアプローチするため、レジリエンスやモチベーションの向上が期待できます。また、それぞれの課題を集計し業務改善に活用することも可能です。

低コストでの導入が可能

常駐の専門スタッフを雇用する必要がなく、会社の規模に応じてサービスを提供することが可能です。

ウェルビーイングサポートの進め方

スケールを活用したWell-beingの数値化

ワーウィック-エディンバラ精神的健康尺度 Warwick-Edinburgh Mental Well-being Scale(WEMWBS)というスケールを活用し、well-being度を評価します。導入前から継続的に評価するため社員一人ひとりの変化を数値で測定することが可能です。

行動指針となるウェルビーイングマップを作成

一人一人「ウェルビーイングマップ」というものを作成していただきます。ここでは自分の人生で大切にしていることやものなど価値観を項目に沿って言語化し、自身の目標ややるべきことをリスト化していきます。

自分らしさや自分の価値観を改めて考え言語化することで一人一人が自分の強みを活かし積極的に行動できたり、社員同士が良い関係が作れたり、ウェルビーイング度の向上にも繋がります。

また、自分の価値観に沿った適切な目標設定を行うことで行動変容や自己効力感の向上も期待できます。

社内研修やオンライン説明会などで一人一人のウェルビーイングマップ作成をサポート致します。

マインドグラフによる心の見える化と専門家の個別フォロー

客観的な評価や判断が難しい社員の心の状態を指定のフォームを使い定期的に入力していただくことで数値化、可視化できます。

また、個別相談を希望される場合も完全外部委託のため社内のみられ方や評判など気にすることなく、気兼ねなく相談をしていただくことが可能です。

お問い合わせ・お申し込み

まずはこちらの簡単フォームからお問合せください。2日営業日以内ご返信させていただきます。

    RECOMMENDこちらの記事も人気!